学会誌(和文誌)

投稿規定

標題(表題)頁

論文の種類、タイトル、著者名、所属機関と連絡先(郵便番号、住所、電話およびFAX 番号、E-mail アドレス)、キーワード(3〜5 語)

要旨

400 字以内で、「目的」、「方法」、「結果」、「結論」を書き分けて簡潔に記載する。

論文

  • 原稿の長さ:
    図表を含めて刷り上がりページ数で以下のものを基準とする。
    原著論文8ページ以内、症例報告4ページ以内、総説6ページ以内、特別寄稿6ページ以内、紹介4ページ以内 なお、刷り上がり1ページは400字詰め原稿用紙約4枚、1600字に相当。
    表、図、写真は同原稿用紙1枚として概算すること。
  • 本文:
    はじめに(序論または緒言。目的を含む)、対象および方法、結果、(成績)、考察、結論で構成すること。
  • 見出し記号:
    大見出しから順に、1.、2. ...、a).、b)....、1)、2)..とすること。
  • 度量衡単位:
    度量衡単位は原則として国際単位系(SI単位)を用いること。
    (長さ:mm、cm、質量:pg、mg、g、kg、時間:s、min、温度:℃、周波数:Hz 等)
  • 略語:
    略語は初出時にフルスペルで(必要に応じ和訳も)記載すること。
  • 機器名の記載法:
    機器名は、「一般名(会社名、製品名)」で記載すること。
  • 原稿の書式:
    A4用紙 余白上下、左右25mm 40文字×30 行 12ポイント明朝体

文献

引用文献のみとし、本文中の引用個所には文献番号を右肩に記入して、引用順に並べること。
雑誌の場合は著者氏名、論文題目、雑誌名、巻、ページ、発行年(西暦)の順に書く。
単行本の場合は著者名、表題、書名、版数、編集者名、発行社名、発行地名、ページ、発行年(西暦)を記載すること。
雑誌名の省略は、欧文雑誌にあっては“Index Medicus”のList of Journal Indexed に従い、和文雑誌は「医学中央雑誌」の収録雑誌略名表に従うこと。
引用文献の著者氏名が4名以上の場合は最初の3名を書き、他は、他、またはet al.とすること。

  • 雑誌の例:
    著者名(姓が先):論文題目.雑誌名.巻ページ,発行年(西暦)

    ◇欧文雑誌
    Nakajima T, Iida H, Kurano M et al. Hemodynamic responses to simulated weightlessness of 24-h head-down bed rest and KAATSU blood flow restriction. Eur J Appl Physiol 104: 727-737, 2008.

    ◇和文雑誌
    蔵野美葉、飯田陽子、安田智洋 他: 各種急性運動における血中PTX3の反応について:CRPとの比較. 日本心臓リハビリテーション 14: 98-103, 2009.

  • 単行本の例:

    ◇欧文
    著者名(姓が先).表題.In:編集者名,editor (s),書名.サブタイトル,版数、 発行地名、発行社名、始めの頁数−終わりの頁数、発行年(西暦).
    Ishii N. Factors involved in the resistance exercise stimulus and their relations to muscular hypertrophy. In: Nose H et al. (Eds.) Exercise, Nutrition and Environmental Stress. Cooper, MI, USA, pp. 119-138, 2002.

    ◇和文
    著者名:表題,書名,サブタイトル,版数,編集者名,発行社名; 発行地名、始めの頁数−終わりの頁数, 発行年(西暦)
    飯田陽子、中島敏明、蔵野美葉: 加圧トレーニング時の循環動態の変化. 加圧トレーニングの理論と実践, 佐藤義昭、石井直方、中島敏明、安部孝 編集、講談社、東京、p12-22, 2007.

図表

  • 図表の作成について:
    図表は400字詰め原稿用紙1枚と換算する(図・表の転載は投稿前に著者の責任で転載許可をとり、許可書を提出すること)。
    各図表には、表題を付け、図には、原則として説明文を付けること。
  • 図や写真の解像度について:

    ◇図
    印刷物からスキャナで画像を取り込む場合は、横7.8cmを基準として150dpi 以上の解像度とすること。

    ◇写真
    写真は原寸印刷が可能なように、画像データのサイズは縦または横7.8cm以上を基準として150dpi以上の解像度とすること。
    被写体の人格権を尊重し、X線写真などの氏名、IDなど個人を特定できる可能性のある情報は必ず塗りつぶすこと。

  • 学会案内
  • 日本加圧トレーニング学会とは
  • 会長挨拶
  • 役員一覧
  • 組織概要
  • 定款・会則
  • 委員会活動
  • 投稿規定
  • 学術集会・総会
  • 学会員・資格者イベント
  • 共同研究申請